CROSS MALL (クロスモール) とは? 評判が良い理由をご紹介

一元管理ASP「クロスモール」

CROSS MALL(クロスモール)は、ネットショップ運営者に様々なことが解決できるツールとして注目されています。
たとえば、複数のネットショップやECモールの在庫管理、商品登録、受注管理、発注/仕入管理を一元的かつ効率的に行えるASPソフトウェアとして、業務プロセスの効率化をサポートしています。

こちらの記事では、CROSS MALLの特徴や機能、ユーザー評判、料金体系など、網羅的に掘り下げていきます。

こちらの記事でわかること

クロスモールの評判の良い機能や特徴

複数ネットショップの一元管理 (オムニチャネルに対応)

CROSS MALLは、複数のネットショップやECモールの在庫管理、商品登録、受注管理、発注・仕入管理を一元的かつ効率的に行えます。
また、ECカートやモールの複数店舗運営における入出荷などの倉庫作業を解消できるので、受発注から発送までの流れをスムーズにし、業務の効率化を実現しています。

データの一元化と高度なセキュリティ

CROSS MALLは、複数の店舗のデータを一元的に管理し、業務の効率化を図ります。
また、クラウドサービス(ASP)でのサービス提供により、場所や拠点を選ばず利用でき、高度なセキュリティが提供されています。

商品ページ管理の効率化

ネットショップにおける重要な業務である商品ページ管理や商品登録を効率的に行える機能が搭載されています。
商品一括登録や商品ページ複製、一括編集などが可能です。

CROSS MALLを導入したらうまれる7つのメリット

CROSS MALLの導入には以下の7つのメリットがあります

在庫の適正な管理

CROSS MALLを導入することで、在庫の適正な管理が可能となります。
これにより、過剰在庫や品切れを防ぎ、効率的な在庫運用が実現します。

出品作業の軽減

CROSS MALLを利用することで、複数のモールへの一括出品が可能となります。これにより、手間を軽減しつつ効果的な商品展開が行えます。

各モールからの受注の一元管理

複数のモールでの受注を一元管理できるため、注文処理や受発注業務が効率的に行えます。
集約された情報によりモールごとの管理作業が簡素化されます。

顧客情報の一元化

CROSS MALLを利用することで、各モールからの顧客情報を一元化できます。
これにより、顧客に対する統一したアプローチやサービス提供が可能となります。

販売データの分析

CROSS MALLは販売データを集約し分析できるため、効果的な戦略策定が可能です。
売れ筋商品や需要の動向を把握し、ビジネスの最適化が図れます。

運用コストの削減

一元管理により業務の効率化が進み、運用コストを削減できます。手作業の重複作業やエラーが減少し、業務プロセスがスムーズになります。

スケーラビリティの向上

CROSS MALLは成長に合わせて柔軟に対応できるため、事業のスケーラビリティが向上します。
新しいモールへの展開や商品ラインの拡充が容易に行えます。

CROSS MALLの評判

数多くあるレビューをまとめてみました。

便利な一元管理

クロスモールを使って、複数のネットショップやモールの在庫管理が一元化でき、業務がとても効率的になりました。
特に、受発注の管理がスムーズで重宝しています。

自動化で楽々作業

商品登録や価格の変更、受発注などの作業が自動化できるため、手動作業の手間が大幅に減りました。
これにより、時間を節約し、他の業務に集中できています。

多機能で柔軟性がある

クロスモールは機能が豊富で、柔軟性があります。
各モールごとの設定や管理が細かくできるため、ビジネスのニーズに合わせて使いやすく調整できます。

サポートが手厚い

初めての利用でも、クロスモールのサポートが手厚く、分かりやすい説明があり安心して利用できました。
問題が生じた際も迅速に対応してもらえました。

コストパフォーマンスが良い

他の類似サービスに比べて、クロスモールのコストパフォーマンスは優れています。
初期費用が無料でありながら、提供される機能とサポートのクオリティが高水準です。

Picture of みんなのECアカデミー
みんなのECアカデミー

ERP製品や、ERPに関するトピックスを発信しています

よく読まれている記事
ワークフローとは?問題点を改善して生産性をあげる方法
予実管理とは? 重要な理由や管理方法などを解説
仕事における属人化(ぞくじんか)の問題点と解決策:「なぜ多様性と標準化が重要なのか」
在庫管理システムのおすすめランキング!メリットや機能も解説
売上管理とは? 全社員が理解しておかないといけないほど重要
中小企業におすすめの販売管理システムランキング!メリットや選ぶポイントも解説
最新の記事
複数店舗を一括管理
コスパで選ぶ
COST PERFORMANCE
キャムマックス
月額70,000円~
キャムマックス
価格は月額7万円~のクラウドERP。在庫管理、販売管理、財務会計、EDIなどスキがないERPでコストパフォーマンスは一番良い。
機能で選ぶ
Full functionality
GRANDIT
月額450,000円~
スクリーンショット 2022-04-13 164301
拡張性があり、自社の業務に合わせた仕様でカスタマイズが可能。 販売管理、支払管理が強み。

知名度で選ぶ
MOST Famous
クラウドERP ZAC
月額100,000円~
スクリーンショット 2022-04-13 165253
CMなどでおなじみ。会計まわりに強いERP。KintoneやsmartHRなどの連携も可能。導入している企業も多い