中小企業の救世主に!
価格、満足度、機能からオススメのERPをピックアップ

当サイトに辿り着かれたということはERPや基幹システムをご検討されているタイミングかと思います。
しかし実際に「ERP」と検索するとかなり多くの製品がヒットしたのではないでしょうか?
現在国内だけで数十社が手掛けており、セールスポイントや価格、搭載機能がバラバラなので比較検討するのが難しいと思います。
そこで当サイトでは様々な角度から比較検討を行い導入の参考にして頂ければと思います。

COST

01 / 価格で選ぶ

キャムマックス
株式会社キャム
ERPを価格で選ぶならキャムマックス

コスパ最高のERP
とにかく安くて高品質の機能が満載

ERPに必要な機能は全て入っており、カスタマイズなく即戦力として利用出来ます。ERPの老舗ブランドなので、これまでの知見から様々な業界、業種に対して汎用性のある作りになっています。0から開発すると時間と手間がかかりますが、キャムマックスですとすぐに導入できます。 月額7万円で機能がここまで入っているERPとしてはコスパは最高峰です。

機能

クラウド帳票

見積、注文書、納品書、請求書、契約書など各種帳票は全て電子化。フォーマットも自由に作成

財務会計

法改正にも随時対応。従業員の入退管理から給与計算までが一つの機能として実装

販売管理

POS対応。複数の店舗運営でも安心。EC、卸、店舗の数字をすべて集約し現場の混乱をゼロへ

在庫管理

自社倉庫、外部倉庫も一元管理。在庫数設定で自動発注も。さらにWMS連携が得意で倉庫との相性が抜群

多彩な連携

ECサイト(shopify、EC-CUBE、その他ASP)との連携がとても簡単に。
楽天、Yahoo、Amazonにも利用可能

多通貨

仕入れ先の通貨の登録が可能。
面倒な為替計算も完全に自動化

給与

給与計算に関わる多くの処理を自動化し、業務効率を大幅に改善。 給与事務のペーパーレスを実現

契約

ワークフローの承認から、契約締結、保管・管理までワンストップ。契約業務にかかるコストや時間を大幅削減

特徴

キャムマックスでは、そのシステムの柔軟性、汎用性から多くのシステムとの連携が可能になっています。 ECサイトですと、メイクショップ、shopify、EC-CUBE、STORESなどの国内や越境システムをはじめ、楽天、Yahoo、Amazonなどのモール。それ以外にもスマレジ、ロジザードなどのWMS、ヤマト運輸などの各種帳票にも対応しています。
コロナ禍の影響でリモートで作業されることが多くなられた企業様にもキャムマックスはお勧めです。以前はオンプレミス型が多かったらERP。その為、システムを操作するには、会社でないと出来ない。などの弊害が多かったのですが、クラウド型にすることで、自宅、外出先でもシステムにログインすることが可能になりました。AWS(Amazon Web Service)で稼働しているのでセキュリティ部分も安全、安心してご利用いただけます。
キャムマックスでは、常に時代に合わせてバージョンアップ(機能追加)を行っています。最近ではEDI(電子データ交換)などの機能がバージョンアップされていますが、何よりも嬉しいのは、利用価格が上がらない!ということです。中小企業向けに開発されていることで、コストをかけないERPとしてはまさに理想の形です。
たまに、クラウド系のサービスで安い代わりに、サポートがメールのみ、チャットのみ。しかも返事が遅いなど落とし穴があることがあります。キャムマックスも価格が安いのでサポートが手薄じゃ・・・?なんてことは、ありませんでした! きっちり担当者が、電話、メールで対応しています。急なトラブルや、今後に向けてのカスタマイズなどもお気軽に相談できる体制で、もちろん追加費用なしは嬉しいポイントです。。

価格

初期費用

月額利用料の一か月分

月額費用

70,000円~
※1ライセンス(5名分)の費用

オプション

Famous

02 / 機能性で選ぶ

クラウドERP ZAC
株式会社 オロ

案件・契約・プロジェクトごとで
債権・債務・工数・経費・勤怠など全ての情報を「一元管理」

MoneyrwordはテレビCMやWeb媒体など積極的に露出を行っている会社で、知名度も抜群です。
もちろん有名なだけではなく、会計、人事労務などのシステムに強いこともあり、信頼できるERPを展開している会社です。大手企業の取引実績が多いですが、スタートップ企業でも気軽に利用できるようにパッケージされています。

※ただし、在庫管理、販売管理などの機能はありませんのでご注意ください。

機能

プロジェクト

販売・購買・勤怠・経費などの各種データを、プロジェクトを軸に集約し、収支をモニタリングが可能

販売管理

受注前の引合・見込段階から受注確度の設定や、受注予定日・売上予定日売上予定金額の入力が出来る

購買管理

売上に対して仕入・外注を紐づけて登録・管理できるため、どの売上に対応する仕入・外注かが一目でわかる

工数管理

「どのプロジェクトに」「誰が」「何時間」かかわったかが一目でわかる

特徴

勤怠管理

36協定に対応した残業管理や貴社の規定に沿った休暇管理や、休暇取得や深夜残業などの各種申請・承認可能

在庫管理

在庫商品の発注・仕入処理、倉庫への入庫処理、商品販売の際の在庫の引き当て・出庫処理が可能

文章管理

稟議決裁から、住所変更などの総務・人事系の申請、社内アンケートやテストなど、様々な用途に利用ができる

コンタクト管理

面談、電話、メールなどの顧客とのやり取りなど定性情報を一元管理。CSVエクスポートも可能

プロジェクト型ビジネス(案件、契約、プロジェクト単位で業務が進行するビジネス)に最適化されたシステムです。1つのプロジェクトの売上に対して外注費や仕入費、労務費、経費などの関連コストをすべて紐付けることができるため、プロジェクト別の収支を一目で把握することが可能になります。

受注前の見込段階からデータを一元管理することで、受注確度別の案件管理や、未来の売上利益予測を行うことができます。また、多数の経営管理レポートにより、管理会計にもとづくスピーディで的確な経営判断を支援します。

システムの一元化により、データの重複入力などのムダを省き、業務の効率化や管理部門の人的コストを劇的に削減し、月次決算の早期化も実現。システム統合による業務効率化を実現することができます。

見積作成・発注・経費申請などの業務処理を行うことで、自動的に電子申請・ワークフローが機能します。ワークフローは各機能に組み込まれているため、意識することなく社内統制が実現されます。
またログの自動保存によりいつ、誰が、どの案件で、どのような承認を行ったかを証跡管理できるため、内部統制の強化が実現されます。

価格

初期費用

500,000円~
カスタマイズにより変動

月額費用

100,000円~
カスタマイズにより変動

Volume

03 / 充実度で選ぶ

GRANDIT
GRANDIT株式会社

人事・給与

決裁をすべて電子化にすることでハンコが不要。出張費、物品購入などの経費精算は全てオンラインで完結

業務効率を高める“守りの経営”と、
競争力を高める“攻めの経営”の両方に寄与

こちらの製品はオンプレミス型であったSMILE V のクラウド型ERPとしてリリースされている製品です。ERPとしての機能のボリュームはもちろん、他のシステムとの連携なども兼ね備えており使い勝手の良い製品として好評です。すでに導入しているERPから乗り換えなどご検討されている企業様におすすめです。

機能

販売・調達在庫・製造

EDIやECの各機能を標準搭載し、取引先とのシームレスかつスピーディーなビジネス連携を実現

経理・資産・経費

定型業務をスケジューラ機能で自動化し、部門、プロジェクト、セグメントによる会計情報管理を実現

債権・債務

受注・売上・入金、発注・仕入・支払、在庫管理の業務全般を管理。これまでにかかっていた業務負担が軽減

人事・給与

給与体系ごとにパラメータ形式の給与計算式、支給・控除テーブル設定
社会保険や所得税の改正も対応

ドキュメント管理

社内規定、契約書、見積書、伝票など様々な書類も全て電子化にすることで書類を探す手間がなくなります

スケジューラ

個人の日々のスケジュール以外にも、会社の定例会議、施設の予約など社内間で共有ができ、やりとりが円滑に

コミュニケーション

セキュリティー万全の社内限定のメッセージ機能や掲示板を使えるなど、伝達共有がさらにスピーディに

特徴

次世代コンソーシアム方式により、コンソーシアム各社の技術、ノウハウと経験を進化系ERP「GRANDIT」に集約。

ワークフロー、ECやBIなどの機能を標準装備し、企業グループや取引先までをシームレスに結び、情報化と最適化を実現。

基幹業務の特性を徹底的に追求した、従来のクライアント・サーバーシステムをはるかに超える操作性と運用性を完全WEBで実現。

販売などのEC機能を始め、経理・経費精算、債権・債務、人事・給与など、必要なものを自由に組み合わせられる導入形態により、優れた総合力と拡張性。

マルチブラウザ対応、多言語対応、RPA活用、クラウド対応など、ビジネス環境の変化への柔軟な対応が可能となり、企業の働き方改革を推進。

価格

初期費用

1,000,000円~

月額費用

月額450,000円~

ERPを徹底的に比較

ERPも多くの種類があります。比較検討しやすいようにまとめています。

価格を比較

初期費用、ランニングコストでお探しの方はこちらから

機能を比較

機能重視、どんな機能があるかを見たい方はこちら

使いやすさを比較

システム操作が不安、使いやすさで選びたい方はこちら