予算管理とは? 経営を失敗しないために必要な理由

予算管理とは?

企業の成功には、将来の収益や支出に対する正確な計画が不可欠です。
そのため、企業が行う予算管理は、事業の成長に欠かせない重要な手段となっています。

本記事では、企業が行う予算管理とその重要性について詳しく解説します。企業の予算管理について興味がある方は、ぜひ読み進めてください。

こちらの記事でわかること

予算管理とは?


企業の予算管理とは、企業が将来の財務状況を予測し、収益や支出に対して計画を立てることです。予算管理は、企業が将来の事業計画を策定し、資金調達を計画するための重要な手段となります。また、予算管理によって企業は、将来の経営状況を見通し、必要な対策を講じることができます。

予算管理は、企業が収益目標を設定し、その達成に必要な支出を計画することから始まります。その後、企業は実際の収益と支出を監視し、予算との差異を把握し、必要に応じて予算を修正します。これによって、企業は将来の収益や支出に関する不確実性を軽減し、リスクを最小限に抑えることができます。

予算管理は、企業の財務戦略の中で非常に重要な役割を担っています。予算管理によって、企業は将来の財務状況を予測し、必要な対策を講じることができます。また、予算管理は、企業の決定に影響を与えるため、正確で信頼性の高い予算を策定することが必要です。

企業にとって予算管理が重要な理由

企業が予算管理を行うことは、資源の適切な配分、戦略の策定、資金調達の効率化など、多くのメリットをもたらします。以下に、予算管理の重要性について詳しく説明します。

リソースの適切な配分


予算管理によって、企業は将来の収入と支出を見積もり、それに基づいて予算を立てます。この予算には、人件費、原材料費、広告費、設備投資費用など、あらゆる経費が含まれます。これによって、企業はリソースを適切に配分し、必要な投資を行うことができます。

戦略の策定


予算管理は、企業が将来の戦略を策定するための重要な要素です。予算管理によって、企業は将来の財務状況を正確に把握し、リソースを戦略に合わせて配分することができます。また、予算管理は、企業が将来の成長を見据えて投資を行うための基盤を提供することができます。

資金調達の効率化


予算管理によって、企業は将来の資金調達に備えることができます。企業が将来の予算を立てることで、必要な投資を行うために必要な資金を調達するための計画を立てることができます。このように、予算管理は、企業が将来の資金調達をより効率的に行うための基盤を提供することができます。

企業が予算管理を行うことで得られるメリット


前述したように、企業が予算管理を行うことは非常に重要です。なぜなら、予算管理を行うことで以下のようなメリットが得られるからです。

資金の有効活用が可能になる


予算管理を行うことで、企業は収益や支出を見直すことができます。これにより、必要のない支出を削減し、資金を有効に活用することができます。また、新規事業や商品開発に必要な資金を捻出するために、収益源の多角化や財務戦略の見直しなどを行うこともできます。

業績の改善が期待できる


予算管理を行うことで、企業は目標を設定し、その目標に向けた計画を立てることができます。これにより、経営陣や従業員が目標に向かって協力し、業績の改善が期待できます。

経営判断の基礎となる情報が得られる


予算管理を行うことで、企業は経営に必要な情報を収集することができます。具体的には、売上高や原材料費、人件費などのデータを集め、分析することができます。これにより、経営判断の基礎となる正確な情報が得られます。

リスク管理ができる


予算管理を行うことで、企業は将来の収益や支出を予測することができます。これにより、将来のリスクに備えることができます。例えば、将来の景気の悪化や原材料価格の上昇に対して、事前に対策を講じることができます。

業界競争力の向上が期待できる


予算管理を行うことで、企業はより効率的に経営を行うことができます。これにより、競合他社よりも低コストで商品を提供することができ、業界競争力の向上が期待できます。

予算管理がない場合の影響


企業が予算管理がない場合、企業の経営に悪影響を及ぼす可能性があります。企業は、予算管理をしっかりと行い、経営を効率的に行うことが重要です。
それではどのような悪影響が出るのかご紹介します。

赤字に陥るリスクが高まる


予算管理がない場合、企業は収入や支出の状況を正確に把握できず、赤字に陥るリスクが高まります。収入が支出を上回らない場合、企業は利益を出すことができず、経営状況が悪化する可能性があります。

不必要な支出が生じる


予算管理がない場合、企業は支出の把握ができず、不必要な支出が生じる可能性があります。たとえば、無駄な広告費用をかけてしまったり、必要のない設備を購入してしまったりすることがあります。このような支出は、企業の利益を圧迫し、経営に悪影響を及ぼす可能性があります。

競合他社との差別化が難しくなる


予算管理がない場合、企業は将来的な投資や事業戦略を立てることができず、競合他社との差別化が難しくなる可能性があります。競合他社が新しい技術を導入し、効率的な経営を行っている一方で、企業が予算管理を行わない場合、追いつくことができずに業績が悪化することがあります。

投資家の信頼を失う


予算管理がない場合、企業は投資家から信頼を失う可能性があります。投資家は、企業が予算管理を行っているかどうかを重視して投資を行います。予算管理を行っていない企業は、信頼を失い、資金調達が困難になることがあります。

予算管理の実践方法


予算管理は、企業にとって非常に重要な課題の1つです。予算管理には、予算策定や予算実行、予算のモニタリングや改善など、様々なプロセスが含まれます。ここでは、予算管理の実践方法について解説します。

予算策定


予算管理の最初のステップは、予算策定です。予算策定では、企業が設定する目標や戦略に基づき、各部門の予算を策定します。また、予算策定では、過去の財務データを分析して、将来の予算を決定することも重要です。

予算実行


予算策定が完了したら、次に予算実行に移ります。予算実行では、予算をもとに、各部門が業務を実行するための支出計画を策定します。予算実行では、支出の適正な管理や、予算の範囲内での業務実行が求められます。

予算のモニタリング


予算のモニタリングは、予算管理の中でも重要なステップです。予算のモニタリングでは、各部門の支出状況や予算実行の進捗状況を監視し、予算の範囲内での支出が行われているかを確認します。モニタリングでは、定期的に予算レポートを作成し、管理職と共有することが望ましいです。

予算の改善


予算管理においては、予算の改善が重要なステップです。予算の改善では、予算の範囲内での業務実行ができるように、予算の再調整や、支出の見直しが必要になる場合があります。また、過去の予算実行の結果を反映し、将来の予算策定にも活かすことができます。

まとめ


今回は、企業が行う予算管理について解説してきました。予算管理は、企業にとって重要な経営手段であり、経営目標の達成や業績の向上につながるため、欠かせないものとなっています。

予算管理を行うことで、企業は現状把握や将来予測が可能となり、経営計画の策定や経営方針の決定に役立ちます。また、コストの削減や収益の最大化に繋がるため、企業の競争力を高めることができます。

一方で、予算管理を怠ることにより、コスト削減や収益の最大化が困難になるだけでなく、予期せぬ損失やキャッシュフローの不足など、企業に深刻な影響を与えることがあります。

予算管理の実践方法としては、予算の策定から実績の分析、改善の実行まで、定期的に行うことが重要です。また、経営陣の意識改革や社員教育、適切なツールの導入なども必要です。

予算管理は、単に数字を管理するだけでなく、企業の戦略的な判断や経営改善につながるものであるため、積極的に取り組むことが求められます。企業の経営を安定的に維持するためにも、予算管理をきちんと行うことが必要不可欠です。

予算管理におすすめのシステム


予算管理には、さまざまなシステムがあります。ここでは、中小企業におすすめの予算管理システムをいくつか紹介します。

キャムマックス

キャムマックスは中小企業向けのクラウドERPです。
主な機能として、在庫管理、販売管理、購買管理、財務会計までが一つの管理画面で操作、確認ができます。
予算に対しての実績を確認できる予実管理機能があり予算管理に向いています。

Freee

Freeeは、クラウド上で動作する会計ソフトウェアで、中小企業にとっては扱いやすく、使い勝手が良いと評判です。予算管理機能も充実しており、予算の作成・管理、実績の入力・分析、予実比較などが可能です。また、スマートフォンアプリもあり、外出先からでも予算管理ができます。

Moneytree

Moneytree

Moneytreeは、家計簿アプリとしても有名ですが、ビジネス版も提供されています。予算管理機能はもちろん、会計処理や請求書作成など、さまざまな機能があります。また、人事管理やタイムトラッキングなど、経営全般に対応するソリューションも提供されているため、総合的な経営管理が可能です。

QuickBooks

QuickBooks

QuickBooksは、クラウド上で動作する会計ソフトウェアで、中小企業向けの予算管理機能も充実しています。予算の作成・管理、実績の入力・分析、予実比較などが簡単に行えるため、初めて予算管理を行う企業でも扱いやすいと評判です。また、売上管理や請求書作成、在庫管理などの機能も備えており、総合的な経営管理が可能です。

みんなのECアカデミー
みんなのECアカデミー

ERP製品や、ERPに関するトピックスを発信しています

よく読まれている記事
MakeShop(メイクショップ)とは? 選ばれる理由や費用などをご紹介
Shopify(ショッピファイ)とは? EC初心者から人気の理由をご紹介
Shopify(ショッピファイ)とは? 簡単なECサイトから越境ECとしても使える!
仕事における属人化(ぞくじんか)の問題点と解決策:「なぜ多様性と標準化が重要なのか」
諸掛とは? 読み方や意味、使い方などよくある質問をまとめてみた
諸掛とは? 読み方や意味、使い方などよくある質問をまとめてみた
在庫管理とは?今すぐ解決出来る業務効率化の方法
在庫管理とは?今すぐ解決出来る業務効率化の方法
中小企業にとってERPシステムが重要な理由とは?
中小企業にとってなぜ”ERP”は重要なのか?
最新の記事
複数店舗を一括管理
コスパで選ぶ
COST PERFORMANCE
キャムマックス
月額70,000円~
キャムマックス
価格は月額7万円~のクラウドERP。在庫管理、販売管理、財務会計、EDIなどスキがないERPでコストパフォーマンスは一番良い。
機能で選ぶ
Full functionality
GRANDIT
月額450,000円~
スクリーンショット 2022-04-13 164301
拡張性があり、自社の業務に合わせた仕様でカスタマイズが可能。 販売管理、支払管理が強み。

知名度で選ぶ
MOST Famous
クラウドERP ZAC
月額100,000円~
スクリーンショット 2022-04-13 165253
CMなどでおなじみ。会計まわりに強いERP。KintoneやsmartHRなどの連携も可能。導入している企業も多い