OMSとは?

OMSとは、『Order Management System』の頭文字をとった略称で、注文管理システムを指す場合が多いです。ECサイトを運用している中でよく耳にするようになります。どういったものかと言いますと注文データを一括で管理するシステムのことを指します。製品によって多少カバーしている機能面が異なりますが、注文管理、在庫管理、商品管理、出荷管理、顧客管理このあたりがメインとなるシステムになります。

目次

OMSはなぜ必要なのか?

OMSについては、複数店舗運営する際に必要になります。元々自社のECサイトだけで運用していたものが、楽天やAmazonなどに出店することで、一気に注文が増えます。注文が入る度にそれぞれの管理画面で注文情報を確認するのは大変な作業となってしまいます。このようなオムニチャネルの場合、OMSを導入することで注文情報が一元化され、業務効率がアップする役割を果たしてくれます。

メリット

OMSを導入するメリットについて紹介致します。

在庫管理が楽になる

OMSの良いところは、在庫数を一括で変更出来るということです。 この機能があれば、ラスト1つの商品が自社サイトで売れた場合、自動で楽天、Amazonも売り切れと表示してくれるようになります。

手作業が少なくなる

在庫管理をアナログでやってしまうとどうしても人為的ミスが起こるポイントが多く作業時間のロスを生んでしまいます。伝票などの帳票はシステム上から抽出しそのまま印刷出来ます。さらに複数倉庫や保管場所があったとしても、在庫数は一元管理されているので在庫数を切らすことなく発注が出来たり、配送手続きが出来たり、アナログ管理では出来なかった業務のシステム化が実現できます。
さらにWMSと連携することでさらに在庫管理はより強力な体制を作り上げることが出来ます。

クラウドERPでOMS

クラウドERPの在庫管理機能であればOMSとほぼ同等の機能が使え、販売管理や財務会計などと一元管理化出来るのでさらに便利になります。OMSとしても利用できるERPをご紹介致します。

クラウドERP キャムマックス

キャムマックスはご存じの通りクラウドERPとして有名なシステムになります。ERPの中でも特に在庫管理機能に優れており、WMSとの連携も可能という他の製品とより一歩優れている製品です。
キャムマックスの在庫管理機能はこちら

在庫管理機能以外にも、販売管理なども利用できることもあって、基幹システムとしてキャムマックスをご利用されるユーザー層が多く、低価格で持てることから中小企業から多くの支持を集めているシステムです。

用語を調べる
よく読まれている記事
在庫管理
販売管理
財務会計
人気ERPランキング
ERPを価格で選ぶならキャムマックス

コスパで選ぶ

COST PERFORMANCE
キャムマックス
月額70,000円~
スクリーンショット 2022-04-13 172602
価格は月額7万円~のクラウドERP。在庫管理、販売管理、財務会計、EDIなどスキがないERPでコストパフォーマンスは一番良い。

機能で選ぶ

Full functionality
GRANDIT
月額450,000円~
スクリーンショット 2022-04-13 164301
拡張性があり、自社の業務に合わせた仕様でカスタマイズが可能。 販売管理、支払管理が強み。

知名度で選ぶ

MOST Famous
クラウドERP ZAC
月額100,000円~
スクリーンショット 2022-04-13 165253
CMなどでおなじみ。会計まわりに強いERP。KintoneやsmartHRなどの連携も可能。導入している企業も多い