予実管理とは

予実管理とは『予算』と『実績』の数字を管理することです。実績を抜いて「予算管理」をいう言葉で用いられることもあります。
目的としては、経営の目標に対して現状どういった状況で会社が資金を回しているかの現状を把握する為の手法です。
当初計画していた目標値と現状のズレがどれだけ生じているかの確認が出来ることで問題点を洗い出し、そのズレを修正すべく対策を練ることが出来る役割があります。

用語を調べる
よく読まれている記事
在庫管理
販売管理
財務会計
人気ERPランキング
ERPを価格で選ぶならキャムマックス

コスパで選ぶ

COST PERFORMANCE
キャムマックス
月額70,000円~
スクリーンショット 2022-04-13 172602
価格は月額7万円~のクラウドERP。在庫管理、販売管理、財務会計、EDIなどスキがないERPでコストパフォーマンスは一番良い。

機能で選ぶ

Full functionality
GRANDIT
月額450,000円~
スクリーンショット 2022-04-13 164301
拡張性があり、自社の業務に合わせた仕様でカスタマイズが可能。 販売管理、支払管理が強み。

知名度で選ぶ

MOST Famous
クラウドERP ZAC
月額100,000円~
スクリーンショット 2022-04-13 165253
CMなどでおなじみ。会計まわりに強いERP。KintoneやsmartHRなどの連携も可能。導入している企業も多い