在庫管理システムのおすすめランキング!メリットや機能も解説

業務効率を上げるために在庫管理システムの導入を希望する会社は多いのですが、どのような製品が良いのか分からないというの声が非常に多いです。本記事では、製造業、EC、小売業などの業種問わず使える在庫管理システムを紹介していきます。また、失敗しない在庫管理システムの選び方にのポイントやメリットも掲載しています。
目次

在庫管理システムとは

在庫管理システムとは、在庫の過不足を防ぐために、在庫量を管理・監視するためのシステムです。システムに登録された商品数が、実際のECや店舗の在庫量と正確に一致するように支援します。また、在庫品目や保管場所、ロケーションなどのデータを一元管理することで、効率的な入出庫を実現し、業務効率や生産性を向上させるメリットがあります。

在庫管理システムの主な機能

それでは在庫管理システムに搭載されている機能をご紹介致します。

在庫リスト一覧

在庫リストを一覧で確認できるので、製品別、保管場所別、ロット別に現在の在庫数を効率的に管理することができます。さらに、豊富な検索機能により、ピッキングや入出庫した商品の検索、各保管場所の在庫数の確認が容易に行えます。

入出庫管理

入出庫管理機能では、入荷予定の商品や入荷したばかりの商品を確認できるほか、出荷予定の商品の検品も可能です。また、商品収容に必要な商品情報(品番、数量など)を記載したバーコードタグをシステムで生成し、専用端末で検品することも可能です。

検品

在庫管理システムの検品機能は、通常、ハンディターミナルを利用します。商品のバーコードをスキャンするだけで、その商品と数量が伝票に記載されているものと一致しているかどうかを確認することができ、もし、不一致が検出された場合は、再度検証を行うよう現場に指示をだし、迅速に取引先に確認も出来ます。

返品管理

返品機能は、一度送った商品が戻ってくるという不安定な動きに対応するための機能です。担当者によっては、商品が戻ってきたときの対応が異なり、出荷記録や在庫明細の修正など、対応が煩雑になりがちです。しかし、在庫管理システムは、最小限の労力ですべての関連情報を正確に修正する方法を提供することで、失態の可能性を低減します。

棚卸

在庫管理システムにとって、棚卸機能は非常に重要であり、欠かすことができません。商品のデータや数量を正確に確認し、商品管理を行うことが必要不可欠です。この機能により、端末上でラベルと数量を自動的に確認することができ、手順を簡略化することができます。さらに、累積棚卸、循環棚卸、部分棚卸など、さまざまな作業を容易にすることが出来ます。

在庫分析

在庫分析機能では、過去の入出荷データと現在の在庫データを活用するなど、さまざまな分析が可能です。例えば、どの商品が売れているのか、どの商品が売れていないのか、ビジュアルでわかりやすく表示することができます。さらに、前年の同時期に出荷された数量と現在の在庫量から、将来的に在庫を残すべき商品の数量を自動的に計算することも可能です。この機能は、多くの在庫管理システムで利用可能であり、通常、在庫分析のために適用されるABC分析や在庫回転率がデフォルトで組み込まれているため、エクセルなどのアプリケーションで在庫を管理するよりもはるかに簡単になります。

 

おすすめの在庫管理システム

それでは、ここからおすすめの在庫管理システムTOP3をご紹介していきます。

キャムマックス

キャムマックス

中小企業におすすめの在庫管理システムはキャムマックスです。キャムマックスはクラウドERPなので在庫管理以外にも販売管理、購買管理、財務管理なども出来る優れものです。
機能豊富な管理システムなのですが、月額7万円~利用出来るというのはとても魅力的です。毎週のようにアップグレードもされているのでこれからもユーザーが増えていきそうな注目のシステムです。

キャムマックスの製品情報はこちら

 

アラジンオフィス

アラジンオフィスは導入実績5,000社以上を誇る有名なパッケージ型の在庫管理システムです。ファッション、食品、鉄鋼、ねじ、医療、製造業など業界に合わせて仕様を変更し、スムーズに業務が出来る優れものです。価格は120万~となっており、導入するには少し慎重になる価格帯です。

アラジンオフィスの製品情報はこちら

ロジクラ

ロジクラは、自社倉庫と委託倉庫の両方にアクセスし、運用することができる在庫管理システムです。基本的な機能は無償で利用できます。また、24時間365日稼働するXTORM(フルフィルメントセンター)も用意されており、突発的な需要増にも対応できます。さらに、POSシステムとの連携により、店舗在庫とEコマース在庫を連動させることも可能です。

ロジクラの製品情報はこちら

ERP-magazine

ERP-magazine

ERP製品や、ERPに関するトピックスを発信しています

よく読まれている記事
最新の記事
人気ERPランキング
キャムマックス
ZAC
GRANDIT
コスパで選ぶ
COST PERFORMANCE
キャムマックス
月額70,000円~
キャムマックス
価格は月額7万円~のクラウドERP。在庫管理、販売管理、財務会計、EDIなどスキがないERPでコストパフォーマンスは一番良い。
機能で選ぶ
Full functionality
GRANDIT
月額450,000円~
スクリーンショット 2022-04-13 164301
拡張性があり、自社の業務に合わせた仕様でカスタマイズが可能。 販売管理、支払管理が強み。

知名度で選ぶ
MOST Famous
クラウドERP ZAC
月額100,000円~
スクリーンショット 2022-04-13 165253
CMなどでおなじみ。会計まわりに強いERP。KintoneやsmartHRなどの連携も可能。導入している企業も多い