中小企業にとってなぜ”ERP”は重要なのか?

中小企業にとってERPシステムが重要な理由とは?

中小企業が競争力を維持し成長するためには、効率的な業務プロセスと正確な意思決定が不可欠です。
そのため、中小企業にとってERPシステムの導入は重要な投資となります。本記事では、なぜ中小企業にとってERPシステムが重要なのか、その理由を探ります。

こちらの記事でわかること

中小企業にとってのERPシステムが重要な理由

中小企業にとってのERPシステムの重要性は多岐にわたりますが、主に以下のような点が挙げられます。

業務プロセスの合理化と効率化

ERPシステムは、各部署の業務プロセスを統合し、業務の効率化を図ることができます。これにより、重複作業の削減や人的ミスの軽減などが実現され、業務の効率化が図られます。

データの一元管理と分析による意思決定の迅速化

ERPシステムには、企業全体のデータを一元管理する機能があります。これにより、意思決定に必要なデータをリアルタイムに取得し、迅速な意思決定が可能になります。

競争力の向上

ERPシステムによって、企業の業務プロセスが効率化され、意思決定が迅速化されることで、企業の競争力が向上することが期待されます。また、顧客情報を一元管理する機能や生産管理機能などがあるため、より迅速かつ正確なサービス提供が可能になり、顧客満足度の向上にもつながります。

中小企業がERPシステムを導入した場合のメリット

中小企業がERPシステムを導入することで、以下のようなメリットが期待できます。

業務プロセスの合理化と効率化によるコスト削減

ERPシステムは、複数の業務プロセスを一元化することができます。これにより、重複した業務を削減し、生産性を向上させることができます。また、システムによる自動化により、人的ミスを減らし、業務の正確性と信頼性を高めることができます。

データの一元管理と分析による迅速な意思決定

ERPシステムは、膨大なデータを一元管理することができます。これにより、データの重複を防ぎ、データの信頼性を高めることができます。また、ビジネス上の重要な意思決定を迅速に行うことができます。ERPシステムは、リアルタイムでの情報共有を実現し、顧客やサプライヤーとのやり取りもスムーズに行うことができます。

顧客管理の改善によるサービス品質の向上

ERPシステムは、顧客管理の改善に役立ちます。これにより、顧客情報を一元管理し、購買履歴や問い合わせ履歴などを把握することができます。これにより、顧客のニーズに合わせたサービスを提供し、顧客満足度を向上させることができます。

生産管理の最適化による生産性の向上

ERPシステムは、生産管理の最適化に役立ちます。これにより、生産計画や在庫管理、製品のトレーサビリティなどを効率的に行うことができます。生産ラインの停止時間を減らし、製品品質を向上させることができます。

中小企業がERPシステムを導入した事例を紹介

中小企業がERPシステムを導入し、業務効率化や競争力の向上を実現した成功事例は数多くあります。以下にいくつかの例を挙げます。

小売業

ある日用品を扱う小売業の店舗では、在庫管理の問題が発生していました。
商品の納品が定期的ではなく、特定の期間に大量の商品が納品され、その期間中に在庫が不足してしまうという状況でした。
このため、顧客からの注文に対応できず、売上げの機会を逃すことになっていました。

そこで、この店舗はERPシステムを導入することを決定しました。
ERPシステムを導入することで、在庫管理を一元化し、商品の入出庫履歴を確認できるようになりました。また、仕入先の納品スケジュールを管理することで、在庫不足のリスクを減らし、在庫の適正化を図ることができました。これにより、売上げの機会を逃すことがなくなり、店舗の利益を増加させることができました。

製造メーカー

製造メーカーがERPシステムを導入した例として、日本の大手製造メーカーであるヤマハ株式会社が挙げられます。ヤマハは、複数の部署が独自にシステムを導入していたため、情報共有や業務効率化が課題となっていました。
そこで、ヤマハは全社でERPシステムを導入することを決定し、製造・物流・販売などの業務プロセスを一元管理することで、情報の一元化や業務の効率化を実現しました。また、生産管理の効率化によって、在庫管理や受発注業務の改善にもつながり、顧客満足度の向上にも繋がったとされています。

ネット通販会社・EC事業者

ネット通販会社が、受注管理、在庫管理、発送業務の効率化を目的にERPシステムを導入したという例があります。
導入前は、それぞれの業務を担当する部署でExcelや手書きの帳票で管理していたため、情報共有や業務の効率化が課題となっていました。
しかし、ERPシステムの導入により、業務プロセスが一元管理され、情報共有やデータの正確性が向上しました。
特に、受注管理においては顧客情報や注文履歴を一元管理することで、顧客対応の効率化やマーケティング施策の立案に役立てることができました。
さらに、在庫管理においては在庫数や発注数などをリアルタイムに把握できるようになり、過剰在庫や欠品などの問題を把握しやすくなりました。
発送業務においても、受注情報と在庫情報をリンクさせることで、スムーズな発送が可能となり、顧客満足度の向上につながったとされています。

コンサル会社

あるコンサルティング企業では、従来は人手で行っていたプロジェクト管理や業務プロセスの改善などの業務を、ERPシステムを導入することで効率化しました。
その結果、社員一人あたりの業務量が大幅に増加し、業務の品質も向上しました。また、プロジェクトの進捗状況や利益率などの情報をリアルタイムで把握できるようになり、経営の意思決定が迅速かつ正確になったというメリットもありました。

ERPシステム導入後の注意点

中小企業がERPシステムを導入したあとには、適切な管理やメンテナンスが必要になります。具体的には、以下の点に注意する必要があります。

スタッフのトレーニング

ERPシステムは複雑なシステムであり、スタッフが使用するためには十分なトレーニングが必要です。トレーニングを受けることで、スタッフはシステムを最大限に活用することができます。
データの品質管理: ERPシステムは膨大な量のデータを扱うため、データの品質管理が重要です。データの入力ミスや不正確な情報がシステムに入力されると、システム全体の品質が低下し、正確な分析や意思決定ができなくなります。

セキュリティ

ERPシステムには、企業の重要な情報が含まれているため、セキュリティに十分に配慮する必要があります。システムのアクセス制御を適切に設定し、不正アクセスやデータの漏洩を防止することが求められます。

中小企業ににおすすめのERPシステム

予算管理には、さまざまなシステムがあります。ここでは、中小企業におすすめの予算管理システムをいくつか紹介します。

キャムマックス

キャムマックスは中小企業向けのクラウドERPです。
主な機能として、在庫管理、販売管理、購買管理、財務会計までが一つの管理画面で操作、確認ができます。
予算に対しての実績を確認できる予実管理機能があり予算管理に向いています。

Freee

freeeというクラウドERPは、財務会計、人事労務、勤怠管理、経費精算など、必要な機能を組み合わせて導入することができます。
開発元のfreee社自体もこのシステムを利用しており、従業員300人に対して経理担当が1.5人、労務担当が1人で事務処理を行うことができ、非常に大幅な業務効率化を実現しています(通常は倍以上の人員が必要となります)。

また、証憑を紐づけた電子稟議や、仕訳の変更・承認の履歴管理などの機能を提供しており、IPOの準備や内部統制対応にも十分なサポートを提供します。
さらに、「Salesforce」と「kintone」との連携も可能であり、請求書作成や入金管理などの営業事務業務も効率化することができます。

Moneytree

GENは、1ユーザーから利用可能なERPで、生産管理・在庫管理などの「モノの管理」に加えて、購買管理や販売管理、管理会計、顧客管理、ワークフローなどの機能も提供しています。
各機能はユニット化されており、帳票の作成・編集や項目の追加・変更も、コーディング不要で追加費用なしで自由にカスタマイズ可能です。
中小の製造業をはじめ、メーカーや商社、案件・プロジェクトベース企業、アパレル業界、ITサービス業、食品・化粧品製造業など、様々な業種や業務フローに合わせた7つの「スタイル」を提供しています。スタイルを選んで機能を追加・削除することも可能です。

kinterp(キンタープ)

QuickBooks

kintoneを利用したERPサービスは、売上管理、仕入管理、在庫管理、生産管理などのテンプレートを提供し、kintoneの標準機能を活用できます。
企業独自の項目や機能にも対応し、カスタマイズ開発も可能です。
さらに、ワークフローシステムや電子契約システムとのAPI連携も可能です。kintoneを既に導入している企業や、複雑な業務要件に対応したい企業におすすめです。

また、kintoneの基本機能の設定やアプリ作成は簡単に行え、小規模な改修は企業側、大規模な改修は日本ラッドとのコラボ開発体制に対応しています。業務システムの迅速な構築が可能です。

まとめ

ERPシステムは中小企業にとって業務の合理化、生産性の向上、コスト削減、顧客サービスの向上など、多くのメリットがあることがわかりました。しかし、導入前にはしっかりと検討し、システム導入後も適切な運用と管理が必要です。ERPシステムを導入することで企業の競争力を高め、今後の発展につなげることができます。
関連記事:クラウドERPとは?

みんなのECアカデミー
みんなのECアカデミー

ERP製品や、ERPに関するトピックスを発信しています

よく読まれている記事
最新の記事
複数店舗を一括管理
コスパで選ぶ
COST PERFORMANCE
キャムマックス
月額70,000円~
キャムマックス
価格は月額7万円~のクラウドERP。在庫管理、販売管理、財務会計、EDIなどスキがないERPでコストパフォーマンスは一番良い。
機能で選ぶ
Full functionality
GRANDIT
月額450,000円~
スクリーンショット 2022-04-13 164301
拡張性があり、自社の業務に合わせた仕様でカスタマイズが可能。 販売管理、支払管理が強み。

知名度で選ぶ
MOST Famous
クラウドERP ZAC
月額100,000円~
スクリーンショット 2022-04-13 165253
CMなどでおなじみ。会計まわりに強いERP。KintoneやsmartHRなどの連携も可能。導入している企業も多い