仕事における属人化(ぞくじんか)の問題点と解決策:「なぜ多様性と標準化が重要なのか」

現代のビジネス環境は、急速な変化と技術の進化によってますます複雑化しています。

この複雑性に対処し、競争力を維持するために、多くの組織が専門知識とスキルを最大限に活用することに焦点を当てていましたが、一部の専門家や個人のスキルに依存する「属人化」の現象を生み出しました。

この「属人化」は、個人の経験や専門知識に依存し、組織全体にリスクをもたらす傾向があります。

こちらの記事では、仕事における属人化の問題点に焦点を当て、なぜ多様性と標準化が重要なのかについて探求します。属人化がもたらすリスクと制約を明らかにし、多様性と標準化がなぜ解決策として重要なのかを解説していきます。

こちらの記事でわかること

属人化とは? 簡単に説明

属人化 とは、組織や業務プロセスにおいて、特定の個人や一握りの専門家に過度に依存する傾向を指します。

つまり、特定の個人が組織内で独自の専門知識やスキルを持ち、その個人に依存して業務が進行する状況を指します。
この依存性は、組織の運営やプロジェクトの成功に影響を与える可能性があり、リスクを伴う要素とされています。

属人化の問題点

属人化は、組織や業務において様々な問題点を引き起こす傾向があります。
以下に、属人化の問題点を詳しく説明します。

依存性の問題

個人の専門知識に依存することのリスク

属人化がすすむと、特定の個人の専門知識やスキルに過度に依存してしまいます。
そうなってしまうと、その個人が業務を担当する際に何らかの理由で利用できなくなる場合に、組織に大きなリスクをもたらします。

例えば、その個人が休暇中である、急病にかかった、または組織を離れた場合、業務が滞る可能性が高まります。

一人の専門家の欠席または離職の影響

属人化が進むと、特定の専門家の欠席や離職が組織に大きな影響を及ぼすことがあります。
その専門家が持っていた知識やスキルが失われるため、業務の連続性が損なわれ、コストや時間の損失が発生します。
また代わりの人材を育てる時間やコストもかかります。

成長や変化に対応できない

属人化が進むと、組織が成長したり変化に対応したりすることが難しくなります。
新たなプロジェクトや業務を追加する際、特定の担当者がすでに最大限に負担されている場合、スケールアップが難しくなり、組織の成長が制約されます。

作業の品質が個人に依存しやすい

 属人化によって、業務の品質が特定の個人に依存しやすくなります。他のメンバーがその個人のスキルに及ばない場合、一貫性のある品質を提供することが難しくなり、結果としてクライアントや顧客に不安を与える可能性があります。

新しいメンバーの迅速な適応が難しい

属人化の状況では、新しいメンバーが迅速に業務に適応することが難しくなります。
特定の専門家から必要なスキルや知識を学ぶには時間がかかり、新人の効率的なトレーニングが困難です。

多様性の重要性

多様性は、組織にとって非常に重要な要素であり、以下に多様性の重要性を具体的に説明します。

異なるバックグラウンドやスキルを持つ人材で問題にアプローチ

多様性は、異なる文化、バックグラウンド、スキル、経験を持つ人材を組織に組み込むことを意味します。
異なる視点を持つ人材が集まることで、問題に対する異なるアプローチや解決策が生まれる可能性が高まることに加え、異なる視点は新しいアイデアを刺激し、クリエイティブな問題解決に寄与します。


一つの要因に依存しない多くのアプローチがリスクを分散

多様なアプローチやスキルを持つ人材がいる場合、組織は一つの要因に依存することなく問題に対処できます。
特定の専門家に過度に依存しないため、その専門家の欠席や離職が影響を及ぼすリスクを分散できます。
多様性は、リスク管理の観点から非常に重要です。


新しいアイデアとアプローチを生み出す可能性

多様な視点を組み込むことは、クリエイティブな問題解決に不可欠です。
異なるバックグラウンドや経験を持つ人材が協力することで、新たなアイデアが生まれ、既存の問題に対する革新的なアプローチが発展する可能性が高まります。多様性はイノベーションと競争力の源となります。

多様な人材を組織に受け入れ、その多様性を活かすことは、組織の適応力を高め、新しい機会を探るために重要なステップです。異なる視点とアプローチの組み合わせは、組織の成功に貢献します。

標準化の重要性

標準化は、組織において非常に重要な要素であり、以下に標準化の重要性を詳しく説明します。

プロセスの明確化

作業手順やガイドラインの整備: 標準化は、組織内の作業手順やガイドラインを明確に整備することを促進します。
明確な手順やガイドラインは、業務プロセスを効果的かつ効率的に実行するのに役立ちます。メンバーはどのステップを実行すべきか、何が期待されているかを理解しやすくなり、混乱やエラーのリスクが低減します。


品質管理の向上

一貫性のある品質を提供: 標準化は、品質管理において重要な役割を果たします。
組織が一貫性のある品質を提供するために標準化されたプロセスを採用すると、製品やサービスの品質が向上し、顧客満足度が高まります。
品質コントロールが容易になり、品質に関する問題を特定し修正するのが迅速に行えます。


効率の向上

生産性の向上とリソースの最適活用: 標準化によって、組織の生産性が向上し、リソースが最適に活用されます。
標準化されたプロセスは無駄を削減し、作業の効率を高めます。同じタスクを繰り返す際、ステップが標準化されていると、生産性が向上し、コスト削減が可能です。


標準化は、組織の効率性、品質管理、品質保証、そしてリスク管理において重要な役割を果たします。組織内で一貫性のあるアプローチを確立し、プロセスを効果的に最適化することで、競争力を高め、組織の長期的な成功を支えます。

属人化に陥った場合の解決策

属人化の問題を克服し、多様性と標準化を組織に導入するための具体的な解決策を以下に示します。

プロセスの標準化

作業手順やプロジェクト管理の標準化: まず、組織内の作業手順やプロジェクト管理の方法を標準化しましょう。
これにより、業務プロセスが明確になり、誰もが同じステップを実行できるようになります。具体的な手順やテンプレートを文書化し、全ての関係者にアクセス可能にします。
また、依存性のリスクを低減し、品質と効率を向上させます。


知識共有の促進

チーム内での 知識の共有を積極的に行える組織内に構築しましょう。
定期的なミーティングやコラボレーションツールを活用して情報共有を行い、知識の断絶、担当者の孤立化を防ぎます。
知識の共有は新たなアイデアの創出にも繋がります。


トレーニングとスキルの多様化

チームメンバー間でのスキル共有とトレーニング: チーム内でスキルの多様化を促進し、メンバー間でスキルレベルを一定にあげていきましょう。
特に、メンバーが新しいスキルを習得できる機会を設けることで既存の担当者に依存しないチームを形成し、リソースの最適活用とリスク分散を実現します。


これらの解決策を実施することで、組織内での属人化の問題を軽減し、多様性と標準化を組織に統合することが可能となります。

仕事が属人化にならないための業務システム

仕事が属人化にならないための業務システムは多くあります。以下にいくつかの重要な業務システムを紹介します。

プロジェクト管理システム

プロジェクト管理ツール(例: 楽々販売、Backlogなど)は、プロジェクトの進捗追跡、タスクの割り当て、期限の管理などを効率化し、複数のメンバーがプロジェクトに参加できるようにします。
これにより、プロジェクトが特定の個人に依存せずに進行し、透明性が向上します。

文書管理システム

クラウドベースの文書管理プラットフォーム(例: Google ドライブ、Microsoft OneDrive、Dropbox)は、文書、ファイル、情報の共有とアクセスを容易にし、情報の集中管理を提供します。
これにより、情報が特定の個人のデスクトップに閉じ込められずに、組織全体でアクセスできます。

コミュニケーションツール

コミュニケーションツール(例: Slack、Microsoft Teams、Zoom)は、リアルタイムコミュニケーションと協力をサポートします。
メッセージング、ビデオ会議、ファイル共有などの機能を提供し、チームが協力しやすくなります。

ERPシステム

ERPシステム(キャムマックスなど)は生産管理・仕入管理・在庫管理・販売管理など会社を運用するにあたり様々なデータを一元管理できるシステムです。
経営者としては売上や粗利などがリアルタイムで確認できるので経営戦略に役立ちます。
また現場の業務を行う担当者は入力業務が最小限におさえられ、さらに部署間でのデータ共有もできるため属人化を防げます。

Picture of みんなのECアカデミー
みんなのECアカデミー

ERP製品や、ERPに関するトピックスを発信しています

よく読まれている記事
EDIとは? Web-EDI導入で生まれるメリットを解説
Futureshop(フューチャーショップ)とは? EC初心者でも安心して使えるカートシステム
売上管理とは? 全社員が理解しておかないといけないほど重要
【知っておくべき!】中小企業が販売管理システムを導入するメリットとその選び方
在庫管理システムのおすすめランキング!メリットや機能も解説
カラーミーショップとは? 低予算でECを始めるの人におすすめな理由
最新の記事
複数店舗を一括管理
コスパで選ぶ
COST PERFORMANCE
キャムマックス
月額70,000円~
キャムマックス
価格は月額7万円~のクラウドERP。在庫管理、販売管理、財務会計、EDIなどスキがないERPでコストパフォーマンスは一番良い。
機能で選ぶ
Full functionality
GRANDIT
月額450,000円~
スクリーンショット 2022-04-13 164301
拡張性があり、自社の業務に合わせた仕様でカスタマイズが可能。 販売管理、支払管理が強み。

知名度で選ぶ
MOST Famous
クラウドERP ZAC
月額100,000円~
スクリーンショット 2022-04-13 165253
CMなどでおなじみ。会計まわりに強いERP。KintoneやsmartHRなどの連携も可能。導入している企業も多い